一般人に多い傾向。家庭に職場に恋愛に役立つ五行が語る人間の真実!?

人間の色力学と相生関係の二色混合

もし、一般人に多い人間の傾向、物事の考え方が分かっているのなら、
あなたはどうするだろうか…?

たぶんあなたは、

恋人を怒らせることもないでしょうし、

友達と争うこともないだろうし、

上司に注意されることもないだろう…

子どもには好かれ、

部下には信頼され、

異性から評価を受けることが可能となる…

何故なら、相手の本質が理解でき
自分の本質を理解した上で
人間関係で気を付けるべきポイントが分かるからです。

一般人のパーソナルカラーは圧倒的に、
下系統によっている。

そして、男性はが多く、
女性は橙から灰ラインに固まっています。

人間は各個人個人違うように見えて、
実はそれほど大差がありません

これが人間の色力学からみた真理であります。

このサイトでは、その失われた”智恵”を再び取り戻すために、
世の中の理についてお伝えできる範囲で触れております。

貴方も一緒に“見えない未知の歩き方”を学んでみてはいかがでしょうか?

図1 外周の二色混合 相生関係

https://foggy-force.xyz/gogyo_make_sure_of_great_person/

五行思想では、
基本色は「青、赤、黄、白、黒」から成り立っています。

人間の色力学における、2色混合は全部で10色
相生関係の混合と相剋関係の混合によって
成り立つことが分かっています。

外周なのか内に入れるのかということです。
これは、非常に大きな意味を持ちます!

人間の色力学において、
全ての色は中央に向かう性質を持っております。

基本色の5色を基準に
これより内に入ってくる色の方が優位
ということです。

内に入れば入るほど、次元の高い人間ということです。

これは何を意味するのかというと、
内の人間は全てを手に入れることができる
ということを意味します。

世の中とシンクロできる人間
そういう人間がいるということです。

地位も名声も人もお金も才能も全てのもの
手にすることができるということです。

それだけではありません!
そんなちっぽけなものには興味がないでしょう。

https://foggy-force.xyz/gogyo_love_2-dimension_inner_color/

五行思想では、全てのものは
5つの要素の組み合わせで成り立っています。

色が多ければ多い程、
世の中のありとあらゆるもの、こと、理調和し、
一体となることによって融合を可能とします。

それは、言うならば中庸の極み
気宇壮大ということができます。

人のとは即ち、持ち合わせている
色の多さになります。

色が多ければ多い程、
自然と世の中があなたに味方をしてくれる
そういうものとなります。

全ての人は中央に向かって求心します。
では、その中央には一体何があるのか

あなたはその真理を知りたいと思いませんか?

先ずは、相生関係の二色混合からご紹介いたします。
外周の二色混合は、二次元の人間と定義されます。

基本色と同様、外周に乗っている訳ですので、
内には入れていませんね

色は、全部で5色になります。

https://foggy-force.xyz/gogyo_human_society_success_trend/

紫は青と赤の混合色です。

橙は赤と黄の混合色です。

クリームは黄と白の混合色です。

灰は白と黒の混合色です。

紺は黒と青の混合色です。

外の混合色は、五行の性質を引き継ぎます
つまり、相性と相剋の関係を持っているということです。

相剋の関係は、単色の場合と同様に成り立ちますが、
相生の関係は、自己完結という形で収束します。

例えば、紫を例に取ると、青と赤の混合色になります。

青は赤に対して相生、施しを与える側になり、
赤は青から施しを受ける側になります。

つまり、施しは自己完結し、
自分で生み出したものを自分で処理いたします。

単色の場合、人から譲り受けた施しは、
自分を通してまた次の人へ施しとして譲り渡されるという、
相生関係本来の良さ、円を描くバランスの良さの上に
成り立っています。

しかし、外の二色混合に相生の関係性が
成り立っているかどうかは、疑問が残ります。 

但し、相手を打ち負かす関係、
相剋関係はきっちりと成り立っています

二色混合は、自色を二色持っているということで、
単色の一次元の人より器用に物事をこなせること
が多いでしょう。

人を理解する上で、共感できることが多いはずです。

一般人の特徴として、各人の持つパーソナルカラーというのは
明らかに偏りがあります。

つまり、容姿、見た目、考え方、知識、それらは千差万別であると言っているのは
所詮は知識領域での話であって、人間の本質は大差ないということです。

男性なら、圧倒的に灰色の人間が多く、
女性なら、橙、黄、クリーム、白、灰に偏るということです。

下系統の色が優位ということです。

下系統の色というのは、良きにせよ悪しきにせよ、
受動的で何か物事を成すのには弱い色
ということになります。

強い色には屈します

色というのは、単純に分けて、
上系統優位、右系統優位
ということができます。

何色が良いというものではありません。

各色には各色の性質があり、
それに優劣をつけるものでもありません

しかしながら、成功しやすい性質の色
幸せな生涯を送りやすい色というのは、
明らかに分かっているのも事実です

一般人が何故苦悩の中で一生を過ごさなければならないのか
というと、それは単純にそういう色をしているから
ということに他なりません。

しからば、あなたはどの様に考えるのでしょうか?

ただ手をこまねいてその境遇の中で過ごすのか
それとも、自らの手で運命を変える為に幸福を掴みにいくのか

それでは、次項で外の二色混合の各色の特徴について
ご紹介したいと思います。